にきびを予防する方法について

どうして、冬になるとにきびの症状が出やすくなるのでしょう。冬は湿度も下がり、寒さもきつくなります。毛穴や、毛穴のある皮膚表面の角質層が、湿度が下がった影響で、新陳代謝がうまくできなくなり、固くなってしまいます。にきびができるのは、毛穴が何らかの理由で塞がったときです。にきびの予防に取り組むためには、皮膚の乾燥を防ぐために、毎日のスキンケアをきちんと行うようにしましょう。屋外の湿度が低下する以外にも、暖房を使うと室内の湿度も低下しますので、自分のお肌は自分で守らないとあっという間に乾燥してしまいます。外側からの刺激から皮膚を守るには、ある程度の水分がお肌に必要です。水分がないと、にきびや肌荒れができやすくなります。にきびの予防ばかりでなく、お肌のお手入れをきちんとすることも大事になっています。お肌の状態によっては、特に空気が乾燥していない時期であっても、にきびができることはよくあるでしょう。気温や湿度は季節によって変化しますので、にきび予防も外気の変化に合わせて行う必要があります。シーズンに応じて、にきび予防を工夫しましょう。